メニュー

組合員で助け合う組織

食材

加入前の確認は大事

大阪には複数の生協があります。生協という名前を聞いたことがあっても、どのような仕組みなのか知らないという人も多いかもしれません。生協は、出資金を出し合って経営する団体です。生協のサービスを利用するには基本的に出資金を出して組合員になる必要があります。団体の利益ではなく、組合員の利益になることを行うというのが目的であり、お互いに助け合うことを目的とした互助組織でもあります。大阪にある生協のサービスは、宅配、店舗、共同購入、介護や福祉のサービスなど様々です。店舗の場合は必ずしも出資金を出す必要はないですが、組合員だとよりお得に使える仕組みとなっていることが多いです。宅配や共同購入などは組合員でないと利用できません。宅配はその名の通り自宅まで注文した商品を届けてくれるサービスで、たいていの場合前週までに注文をして指定日に届けてくれるという仕組みになっています。赤ちゃんがいる家庭など条件を満たすと配送料が無料になったり割引になったりすることもあります。大阪の生協でもそれぞれの団体ごとに異なるので事前にきちんと確かめておきましょう。大阪の団体はそれぞれ特徴が異なりますが基本的には地域の団体に入ることになります。ネットスーパーのようにすぐに届けてくれるサービスもありますが、利用できる団体は限られているので注意が必要です。出資金は脱退時に返還されているので無駄にはなりません。ただ更新料が必要な団体もゼロではないので注意しましょう。

Copyright© 2018 生協を活用【自宅にいながら様々なお買い物】 All Rights Reserved.